老子現代現場訳

【老子 第64章】其安易持~単純に考える

更新日:

その安きは持し易く、その未だ兆さざるは謀り易し

事の初めにおいて慎むことが、終わりを全くする捷径であり、便道であることを述べている。
[諸橋轍次]

たとえば、上手く行っている(カネも余裕もある)人が友人を助けることはたやすいが、貧乏に喘いでいる人が自分のことはさておいて大変な状況にある友人のことを案じ手を差し伸べることは稀である。
しかし、大変なときこそその人の本性が現れるものである。

人生の晴れの日も雨の日も嵐の時も変らない態度で居る人こそ道(タオ)の人なのである。

降っても晴れてもそれが人生、人生に雨の日もあれば晴れの日があるのは当然なのである。

ことさらな仕掛けや権謀を働かなくても、無為・無心・無欲で自然の順序にしたがっていけば為るものは為る。
だから為らないものを為るようにしようとすることに無理がある。

人生はいたってシンプル。ややこしいことはない。
モノゴトはシンプルに考えるとうまくいく。

ややこしく難しくしているのは誰なのか。
誰のせいでもない。

じぶん自身である。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
其安易持。其未兆易謀。
其脆易破。其微易散。
爲之於未有。治之於未亂。
合抱之木。生於毫末。
九層之臺。起於累土。
千里之行。始於足下。
爲者敗之。執者失之。
是以聖人。無爲故無敗。
無執故無失。
民之從事。常於幾成而敗之。
愼終如始。即無敗事。
是以聖人。欲不欲。不貴難得之貨。
學不學。復衆人之所過。
以輔萬物之自然。而不敗爲。
-------------------------------------------------
その安きは持し易(やす)く、その未(いま)だ兆(きざ)さざるは謀(はか)り易し。
その脆(もろ)きは泮(と)かし易く、その微(び)なるは散らし易し。
これを未だ有らざるに為(な)し、これを未だ乱れざるに治む。
合抱(ごうほう)の木も毫末(ごうまつ)より生じ、九層の台も累土(るいど)より起こり、千里の行も足下(そっか)より始まる。
為す者はこれを敗り、執(と)る者はこれを失う。
ここを以(も)って聖人は、為すこと無し、故に敗るることも無し。
執ること無し、故に失うことも無し。
民の事(こと)に従うは、常に幾(ほと)んど成るに於(お)いてこれを敗る。
終りを慎しむこと始めの如くなれば、則(すなわ)ち事を敗ること無し。
ここを以って聖人は、欲せざるを欲して、得難(えがた)きの貨を貴ばず。
学ばざるを学びて、衆人の過ぎたる所を復(かえ)す。
以って万物の自然を輔(たす)けて、而(しか)して敢えて為さず。
-------------------------------------------------
安定しているものは持ちこたえやすく、
事のまだ兆さぬうちは手が打ちやすい。
固まっていないものは解かしやすく、
目だたないものは散らしやすい。
事の生じないうちにうまく処置し、
乱れないうちに治めておくことが肝心だ。
一かかえもある大木でも、ちっぽけな芽から大きくなり、
九層の高台も一簣(ひともっこ)の土の積み重ねから着手し、
千里の道のりも足もとの一歩から始まる。

うまくしてやろうと力む者は失敗し、
握って離すまいとする者は取り逃がす。
だから無為の聖人は、
無理をしないから失敗がなく、
しがみつかないから逃がすこともない。

世の人が仕事をする場合、
いつも出来あがりかけたところでやりそこなう。
最後の仕上げを始めのように慎重にやれば、
仕事をしくじることもないのだ。
だから無為の聖人は、
欲望のないことを己れの欲望として、
得難い貨を有難がらない。
博学を捨てることを己れの学問とし、
人々の行き過ぎを本来の姿にもどし、
万物のあるがままなる在り方を全うさせて、
無理に作為を加えないのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十四章守微]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.