老子現代現場訳

【老子 第66章】江海所以能爲百谷王者~へりくだって世を見れば

更新日:

江海の能く百谷の王たる所以の者は、その善くこれに下るを以って、故に能く百谷の王たり

『こんな国に誰がした』というお決まりのフレーズがある。

では、個人の視点から国を見るのではなく、国の視点にたって個人(じぶん)を見てみたらどうだろう。
そうりだいじんになったつもりで国民(じぶん)のことを考えてみたらどうだろう。

この国で生きてそして死んでゆくいのち。
貧乏人であろうが金持ちであろうがこのいのちは貴い。

貴いいのちたちが、笑い、泣き、キレたり、怒ったり、ムカついたり、不安になったり、さびしくなったり、舞い上がったり、落ち込んだりしながらせいいっぱ生きている。
そうりだいじんでも、どんなに偉い人でも、個人のいのちに誰も干渉できない。

この国で生きそして死んでいくいのちを大切にしたいなら、きっと優しさと思いやりのある政治をするだろうなあ。

あんなそうりだいじんはダメだ、こいつはダメだ!とほざいているだけの人は人の上に立つ資格はない。

人の上に立つものは謙虚であらねばならない。
謙虚であればこそ彼と争う者はなく、争わないから敵もいない。

だからこそ末永くトップの座にいることになり、末永くいて欲しいと願われるのだ。

そんな謙虚な気持ちをトップや他人だけに求めるのではなく、まずじぶんじしんが実践してみてはどうだろうか。

へりくだってこそ見えてくる世界がある。

それは未だ、あなたの知らない世界……

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
江海所以能爲百谷王者。以其善下之。
故能爲百谷王。是以欲上民。必以言下之。
欲先民。必身後之。
是以聖人。處上而民不重。處前而民不害。
是以天下樂推而不厭。以其不爭。故天下莫能之爭。
-------------------------------------------------
江海(こうかい)の能(よ)く百谷(ひゃっこく)の王たる所以(ゆえん)の者は、その善くこれに下るを以(も)って、故に能く百谷の王たり。
ここを以って民に上(かみ)たらんと欲すれば、必ず言(げん)を以ってこれに下り、民に先んぜんと欲すれば、必ず身を以ってこれに後(おく)る。
ここを以って聖人は、上に処(お)るも而(しか)も民は重しとせず、前に処るも而も民は害とせず。
ここを以って天下は推(お)すことを楽しみて厭(いと)わず。
その争わざるを以って、故に天下能くこれと争うことなし。
-------------------------------------------------
大河や大海が百谷の王者でありうるのは、
それが低きにいて善くへりくだるから、
百谷の王者でありうるのだ。
だから人の上に立とうと思うときには、
必ず謙虚な言葉で相手にへりくだり、
人の前に立とうと思うときには、
必ず人の後からついてゆく。
だから無為の聖人は、
民の上に居ても民は重荷とせず、
その前に居ても民は邪魔者としない。
だから世界じゅうの人間が、
彼を推し戴くことを楽しんで厭な顔をしないのだ。
誰とも争おうとしないから、
世のなかに敵対しうるものがいないのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十六章後己]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.