老子現代現場訳

【老子 第68章】善爲士者不武~不争の兵法

更新日:

善く士たる者は武ならず

不争の兵法

三宝の中、特に不争の徳をたたえたもので、これを以て王者の徳としている。
[諸橋轍次]

孫子は云う、
百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也。
百戦百勝は善の善なるものに非ざるなり、戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり。

勝ち負けを超えた世界で生きる、道(タオ)なる人。
普段は決して攻撃的な態度がなく柔和で温和である。
今に見ていろこんちくしょう見返してやるぞと感情的で怒りにまかせて行動することがない。
道(タオ)なる人には敵がいない。
敵がいないから争うことがない。
だから相手は自爆するしかない。
戦わずして勝つ。戦う前から勝っている。
勝ったとも思っていない。
ただ相手が勝手に負けたと思っているだけである。
これを『不争の徳』という。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
善爲士者不武。善戰者不怒。
善勝敵者不與。善用人者爲之下。
是謂不爭之徳。是謂用人之力。
是謂配天。古之極。
-------------------------------------------------
善く士たる者は武ならず。
善く戦う者は怒らず。
善く敵に勝つ者は与(とも)にせず。
善く人を用うる者はこれが下と為(な)る。
これを不争の徳と謂(い)い、
これを人の力を用うと謂い、
これを天に配(はい)すと謂う。古えの極(きょく)なり。
-------------------------------------------------
本当に立派な人物は武ばらない。
本当の戦上手は、気おわない。
善く敵に勝つ者は、まともにぶつからない。
善く人を使う者は、相手の下手に出る。
これを「不争の徳」――争わぬことの偉大さという。
これを人の力をうまく使うという。
これを天とペアーになるという。
いにしえの無為の道である。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十八章配天]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.