老子現代現場訳

【老子 第69章】用兵有言~守勢の兵法

更新日:

兵を用うるに言えること有り

三宝の中、特に慈の道が戦いにおいてもまた重大な役割をなすものであることを述べている。
[諸橋轍次]

相手から仕掛けられ、已むを得ず受けて立つ自衛のため戦い。
兵法においても無心無欲が勝利の秘訣である。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
用兵有言。吾不敢爲主而爲而客。不敢進寸而退尺。
是謂行無行。攘無臂。執無兵。*扔無敵。
禍莫大於輕敵。輕敵幾喪吾寶。
故抗兵相加。哀者勝矣。
-------------------------------------------------
兵を用うるに言えること有り。
吾(わ)れ敢えて主(しゅ)と為(な)らずして客(かく)と為り、敢えて寸(しん)を進まずして尺(しゃく)を退けと。
これを行くに行(みち)無く、攘(はら)うに臂(うで)無く、執(と)るに兵無く、扔(つ)くに敵無しと謂(い)う。
禍(わざわ)いは敵を軽んずるより大なるは莫(な)し。
敵を軽んずれば幾(ほと)んど吾が宝を喪(うしな)わん。
故に兵を抗(あ)げて相い如(し)けば、哀しむ者勝つ。

-------------------------------------------------
兵法にこんな言葉がある。
己れは主動者とならずに受身の立場に立て、
一寸を進もうとするよりも一尺を退くようにせよ、と。
これを歩み無き歩みを歩み、
腕なき腕をまくり、
武器なき武器を執り、
敵なき敵に迫る、というのだ。
禍は敵をあなどることよりも大きなものはなく、
敵をあなどれば吾が宝をほとんど失ってしまう。
だから兵を用いて攻めあうときには、
戦いを悲しむ者が勝ちを収めるのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第六十九章玄用]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.