老子現代現場訳

【老子 第71章】知不知上~謙下の態度

更新日:

知りて知らずとするは上、知らずして知るとするは病なり

知らないことは知らないといえるひとは正直な人だから、他人にも自分にも正直な人である。

それより上を行く人は、たとい自分の専門分野で既知のものであっても、初心で謙虚に捉えることができる人である。
釈迦に説法のような話をされても、知ったかぶりせず聴く耳を持つ。

ところが、知らないのに知ったかぶりをしたり、自分の妄想を真実のように平然と話す人がいる。学ぶことを知らない。
自縄自縛。

知っていても知ってるそぶりを見せない。
よくわかったつもりでも、未だ充分でないと考える。
あるがままの自分を良く知っている。
素直で謙虚でいつもいろんなところから学んでいる。
自給自足。

己れの無知を自覚する賢人と、
己れのさかしらを自覚できない愚人の物語。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
知不知上。不知知病。
夫唯病病。是以不病。
聖人不病。以其病病。是以不病。
-------------------------------------------------
知りて知らずとするは上、知らずして知るとするは病(へい)なり。
それ唯(た)だ病を病とす、ここを以(も)って病(へい)あらず。
聖人は病あらず、その病を病とするを以って、ここを以って病あらず。
-------------------------------------------------
知っていても知らないと思うのが最上で、
知らないのに知っていると思うのが欠点である。
いったい欠点を欠点として自覚するからこそ、
欠点も欠点ではなくなるのだ。
無為の聖人には欠点がなく、
己れの欠点を欠点として自覚するから、
かくて欠点とはならないのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十一章知病]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.