老子現代現場訳

【老子 第72章】民不畏威~驕慢な心を棄てよ

更新日:

民、威を畏れざれば、則ち大威至る

調子に乗って思い上がっているといつか痛い思いをする。
狎れを棄て命に安んじ分に安んずることを知るべきである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
民不畏威。則大威至。
無狎其所居。無厭其所生。
夫唯不厭。是以不厭。
是以聖人。自知不自見。自愛不自貴。
故去彼取此。
-------------------------------------------------
民、威(い)を畏(おそ)れざれば、則(すなわ)ち大威(たいい)至る。
その居る所を狎(せば)めること無く、その生くる所を厭(あつ)すること無かれ。
それ唯(た)だ厭せず、ここを以(も)って厭せられず。
ここを以って聖人は、自ら知りて自ら見(あら)わさず、自ら愛して自ら貴(たっと)しとせず。
故に彼(か)れを去(す)てて此(こ)れを取る。
-------------------------------------------------
人民がお上の威光を畏れなくなると、
最大の刑罰がやってくる。
人民はその居所に安んぜず、
その生業に甘んじない。
甘んじないからこそ、
厭くことなく奪いあうのだ。
だから無為の聖人は、
己れは明知ををもって外にあらわさず、
己れの身を大切にして偉ぶらない。
だから威光を示す政治を捨てて、無為の政治をえらぶのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十二章愛己]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.