老子現代現場訳

【老子 第73章】勇於敢則殺~人の裁きより天の裁き

更新日:

敢えてするに勇なれば則ち殺され、敢えてせざるに勇なれば則ち活かさる。

天道が積極的な事を何もなさずして、しかももらすところなく何事をもなしておることを述べている。
[諸橋轍次]

ある正直商人(あきんど)の末路

正直者がバカを見る時代を生きのびてきた正直者の商人が、正直(まじめ)に生きることがだんだんバカバカしくなってきた。

なぜなら、詐欺まがいの売り込み口上でどんどんモノを売って儲けている同業他社に比べてうちは昔ながらの商売のやり方をしているのに売り上げが上がらないからだ。

こんな世知辛い世のなかでキレイゴトはいっていられない。
生きるためには多少のチョンボも仕方ない。

インチキ商売をやっている輩に倣って、いつしか自分にも他人にも不正直に生きるようになった。

かくしてこの元正直商人の末路は悲惨なものであった。

道(タオ)に反した生き方をしているうちは何をやっても上手くいかない。

人の裁きより天の裁き

翻って、個人の生死から国の興亡まで、全て天道によるものであるから、人間の知恵では推し量れないものなのである。

天のはたらきは、何もしないようであるが、実はすべてを見通している。
誰もこの天の網から逃れることはできない。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
勇於敢則殺。勇於不敢則活。
此兩者。或利或害。天之所惡。孰知其故。
是以聖人猶難之。
天之道。不爭而善勝。不言而善應。
不召而自來。*繟然自善謀。
天網恢恢。疎而不失。
-------------------------------------------------
敢えてするに勇なれば則(すなわ)ち殺され、敢えてせざるに勇なれば則ち活かさる。
この両者、或(ある)いは利あり、或いは害あり。
天の悪(にくむ)む所、孰(たれ)かその故を知らん。
天の道は、争わずして善く勝ち、言わずして善く応じ、召さずして自ら来たし、繟然(せんぜん)として善く謀る。
天網(てんもう)恢恢(かいかい)、疏(そ)にして失せず。
-------------------------------------------------
罪人を裁くのに、
ふみ切ることに勇敢であれば人を殺し、
ふみ切らないことに勇敢であれば人を活かす、とか。
この二つの態度は、
人為の立場では、あるいは利とされ、あるいは害とされる。
しかし、天が何を罪として悪むのか、
その真相は誰にも分からない。
だから聖人でさえ、それを知ることを難しとするのだ。
いったい、天の理法は、
争わないでうまく勝ち、
言(ものい)わなくても自然にやってき、
招かなくても自然にやってき、
おおまかでありながら、うまく計画を立てる。
天の法網は広く大きく、
目はあらいが取りにがすことがない。
すべてを天の理法に任せればいいのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十三章任爲]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.