老子現代現場訳

【老子 第76章】人之生也柔弱~撓やかに柔らかに

更新日:

人の生まるるや柔弱、その死するや堅強なり

草木を例にとって、柔弱の貴ぶべきことを述べたものであるが、最後の二句はまた草木の例から強大なるものが低きにおるべきことを説いていて、共に柔弱もしくは謙下徳をたたえたものである。
[諸橋轍次]

エネルギーが高く、生きているものは柔らかくてみずみじしい。
エネルギーが低くなるときが死ぬとき、そして干からびて固くなる。

しなやかなものこそ強大堅固なものをコントロールできる。

柳に風のごとく、長期的にみれば柔軟なものが真の生命力を発揮する。
堅くて硬直したものはかえってもろく折れやすい。

ものごとはすべて、堅固で大きなものが低い下位にあり、柔らかで弱弱しいものが高い上位にあるものだ。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
人之生也柔弱。其死也堅強。
萬物草木之生也柔脆。其死也枯槁。
故堅強者死之徒。柔弱者生之徒。
是以兵強則不勝。木強則共。
強大處下。柔弱處上。
-------------------------------------------------
人の生まるるや柔弱(じゅうじゃく)、その死するや堅強(けんきょう)なり。
万物草木(ばんぶつそうもく)の生まるるや柔脆(じゅうぜい)、その死するや枯槁(ここう)なり。
故に堅強なる者は死の徒(と)にして、柔弱なる者は生の徒なり。
ここを以(も)って兵強ければ則(すなわ)ち勝たず、木強ければ則ち折る。
強大なるは下(しも)に処(お)り、柔弱なるは上(かみ)に処る。
-------------------------------------------------
人の生まれたときは、柔らかでグニャグニャしているが、
死んだときには堅くてこわばっている。
草や木やその他一切のものは、生きているときはみな柔らかくてふっくらしているだ、
死んだときには枯れてカサカサになっている。
だから堅くてこわばっているものは死者の仲間、
柔らかくてしなやかなのは生者の仲間。
それ故に武器も剛(かた)すぎると相手に勝てず、
木も堅すぎるとぽっきり折れてしまう。
すべて強大なものは敗れて下位に立ち、
柔弱なものが結局は優位に立つのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十六章戒強]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.