老子現代現場訳

【老子 第77章】天之道~埋め戻しの法則

更新日:

天の道はそれ猶お弓を張るがごときか

謙徳について述べたものである。謙には二つの意味がある。
有余(ゆうよ)を損じて不足を補うのがその一面であり、自己の賢知をあらわさぬことが、他の一面である。
[諸橋轍次]

天道は公平無私

貧富の差は、たとえば掘削現場の残土と穴の関係のようなものだ。

もともと平らだった地面をかっぱいで山を築いたようなもの。

かっぱいで山をつくったんだから、穴はいずれ埋め戻しされるのが道理である。

その道理を踏み外して掘りっぱなし、やりっぱなし、そして余っても出し惜しみするのだから貧富の差が縮まることはない。

出し惜しみする人は、カネやモノだけでなく、無形のもの(知識、知恵、気持ち)すら出そうとはしない。

道(タオ)の働きにより、いずれ地は平らかになる。
掘った穴は自ら埋めねばならぬ。
その時がきたら、かっぱいで山を築いたものは恥ずかしい思いをするだろう。

恥ずかしいことをしている人は『穴があったら入りたい』と云う。
しかし、道(タオ)なる人は『穴があったら埋めたい』と云うのだ。

道(タオ)なる人は、たとい、成功者として世間から持ち上げられようとも決して奢らず、うぬぼれず、傲慢にならず、恬淡としている。

もともと、現在のポジションは自然にそうなったのだから、成功者ポジションに就いているなどと思ってもいない。

だから、しがみつく必要もないし、あえて去る必要もない。
いつまでもそこに居て、去ることもないからこそ、永遠に偉大な存在なのである。

 

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天之道。其猶張弓與。
高者抑之。下者擧之。
有餘者損之。不足者補之。
天之道。損有餘而補不足。
人之道。則不然。損不足以奉天下。
孰能有餘以奉天下。唯有道者。
是以聖人。爲而不恃。功成而不處。其不欲見賢。
-------------------------------------------------
天の道はそれ猶(な)お弓を張るがごときか。
高き者はこれを抑え、下(ひく)き者はこれを挙(あ)ぐ。
余りある者はこれを損(そん)じ、足らざる者はこれを補う。
天の道は余り有るを損じて而(しか)して足らざるを補う。
人の道は則(すなわ)ち然(しか)らず、足らざるを損じて以(も)って余り有るに奉(ほう)ず。
孰(た)れか能(よ)く余り有りて以って天下に奉ぜん。
唯(た)だ有道の者のみ。
ここを以って聖人は、為(な)して而も恃(たの)まず、功成りて而も処(お)らず、それ賢を見(あら)わす欲(ほっ)せず。

-------------------------------------------------
天の道は、たとえば弓を張るようなものであろう。
まんなかの高い部分は抑えつけて、
両端の低い部分は高くし、
余っているところは損らし、
足りないところはうまく足す。
天の道もそれと同じように、
多すぎるものを損らして足りないものを補ってゆく。
ところが、人間のやり方はそうではない。
足りないものをさらに損らして、多すぎるものに差し出している。
いったい多すぎるほど持っていて、
それを世のなかのために差し出しうるものは誰であろうか。
それは道を体得した無為の聖人だけである。
だから無為の聖人は、
偉大ないとなみを行いながら手柄がおをせず、
大功が成就しても成功者の地位に居すわらない。
己れの賢(えら)さを外に示そうとしないのだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十七章天道]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.