老子現代現場訳

【老子 第78章】天下莫柔弱於水~あほになるより、あほであれ

更新日:

天下に水より柔弱なるは莫し

柔弱の徳

水を例に引いて来て、前半において柔弱の徳を述べ、後半において、柔弱というよりむしろ消極主義を説き、最後にかくの如き考えの誤りならざることを附言している。
[諸橋轍次]

水の譬えをだすまでもなく、柔弱なものが剛強なものに勝つことは、誰もが知っていることではあるけれど、それを実行する者は誰もいない。

それは、ハートでなくアタマで生きているから。
記憶の世界に生きているから、インプットされた憂き世の常識に洗脳されているから。
他人の目を気にし、不利な立場、損することを嫌い、劣等感の反動から優位に立とうとするから。

大きいもの固いもの強いものが優位と思い込んでいる。

卑怯者とか、優柔不断だとか、はっきりしないとか、言ってることがころころ変わるとか、女々しいとか、男らしくないとか、弱弱しいとか、堂々としていないとか、後ろ指をさされることを恐れているのである。

水のように柔弱になれないのは虚勢を張っているからだ。
ハリボテワールド。
これが憂き世のゲンジツ。

柔弱謙下の人は、憂き世のゲンジツまでもそのまま受け容れる

そのまま
このまま
あるがまま

あほになるより、あほであれ

ありのままがあほのまま

あほのままがありのまま

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
天下莫柔弱於水。
而攻堅強者。莫之能勝。以其無以易之。
弱之勝強。柔之勝剛。天下莫不知。莫能行。
是以聖人云。
受國之垢。是謂社稷主。
受國不祥。是謂天下王。
正言若反。
-------------------------------------------------
天下に水より柔弱(じゅうじゃく)なるは莫(な)し。
而(しか)も堅強(けんきょう)を攻むる者、これに能(よ)く勝る莫し。
その以(も)ってこれを易(か)うるもの無きを以ってなり。
弱の強に勝ち、柔の剛に勝つは、天下知らざる莫きも、能く行なう莫し。
ここを以って聖人は云(い)う、国の垢を受く、これを社稷(しゃしょく)の主と謂(い)い、国の不祥(ふしょう)を受く、これを天下の王と謂うと。
正言(せいげん)は反(はん)するが若(ごと)し。
-------------------------------------------------
世のなかには水ほど柔らかでしなやかなものはない。
しかも堅くて強いものを攻めるには、
これにまさるものはないのだ。
何物もその本性を易(か)えるものはないからである。
しなやかなものが強いものに勝ち、
柔らかいものが剛いものに勝つことは、
世のなかで誰も知らぬ者がないのに、
誰も実行しうる者がない。
だから聖人の言葉に、
国の汚辱を引き受けるもの、
これを国の主といい、
国の不幸を引き受けるもの、
これを世界の王者という、とあるが、
本当に正しい言葉は、一見、真実とは反対のように聞こえるものである。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十八章任信]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.