老子現代現場訳

【老子 第79章】和大怨~人に怨まれない生き方

更新日:

大怨を和すれば必ず余怨有り
安んぞ以って善と為すべけんや
是を以って聖人は左契を執りて、而も人を責めず

怨みというものはやっかいなもので、怨まれるときは何をやっても怨まれ、何もしなくても怨まれる。
ああされた、こうされたと怨まれたかと思えば、愛されなかった、ナニナニしてくれなかったといっては怨まれる。

なんてこった。

怨み体質の人は、自分の思い通りにならないと気がすまないのだから、怨まれたくなかったらその人の言いなりになるしかない。
それは奴隷になるということに等しい。

なんてこった。

怨みの亡霊にとり憑かれないようにするには、要求されても応えない、売られても買わない、暖簾に腕押し、糠に釘、柳に風で生きるがよい。

それよりもっとよいのは、初めから怨みをひきおこすようなことをしない、怨みが芽生えないようにすることだ。

だから、道(タオ)の人は、いつも借り方(債務者)の態度をとって、人に催促するような立場にならない。

そして、人を責めない。自分も責めない。

左契(さけい)=債務者の割符(わりふ)・借金の証文
-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
和大怨。必有餘怨。
安可以爲善。
是以聖人。執左契。而不責於人。
有徳司契。無徳司徹。
天道無親。常與善人。
-------------------------------------------------
大怨(たいえん)を和すれば必ず余怨(よえん)有り。
安(いずく)んぞ以(も)って善と為(な)すべけんや。
ここを以って聖人は左契(さけい)を執(と)りて、而(しか)も人を責めず。
徳有るものは契(けい)を司(つかさど)り、徳無きものは徹(てつ)を司る。
天道は親(しん)無し、常に善人に与(くみ)す。
-------------------------------------------------
深く結ばれた怨みをいくら和解させても、
必ずそのあとにしこりが残る。
それでは本当に善処したとはいえず、はじめから怨みを結ばぬことこそ肝心だ。
だから無為の聖人は、
割符(わっぷ)の左半分だけを握って、
他人にせっかちな督促をしない。
諺にもいうように、
徳の有る者は手形で決済し、
徳の無い者は現物で取り立てる、のだ。
天の理法にえこひいきはなく、
長い目で見れば、いつも善人に味方している。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第七十九章任契]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.