老子現代現場訳

【老子 第80章】小国寡民~理想郷は自分の心の中だけにある

更新日:

小国寡民(しょうこくかみん)

老子の理想郷

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
小國寡民。使有什伯之器而不用。使民重死而不遠徒。
雖有舟輿。無所乘之。雖有甲兵。無所陳之。
使人復結繩而用之。甘其食。美其服。安其居。樂其俗。
鄰國相望。鷄犬之聲相聞。民至老死。不相往來。
-------------------------------------------------
小国寡民(しょうこくかみん)。
什伯(じゅうはく)の器(き)有るも而(しか)も用いざらしめ、民をして死を重んじて而して遠く徙(うつ)らざらしめば、舟輿(しゅうよ)有りと雖(いえど)も、これに乗る所無く、甲兵(こうへい)有りと雖も、これを陳(つら)ぬる所無なからん。
人をして復(ま)た縄を結びて而してこれを用いしめ、その食を甘(うま)しとし、その服を美とし、その居に安んじ、その俗を楽しましめば、隣国(りんごく)相い望み、雞犬(けいけん)の声相い聞こゆるも、民は老死に至るまで、相い往来(おうらい)せざらん。

-------------------------------------------------
小さな国に少ない住民。
さまざまな文明の利器があっても用いさせないようにし、人民に生命を大切にして遠くに移住させないようにする。
かくて舟や車があってもそれに乗ることはなく、武器はあってもそれを取り出し列べて使用するようなことはない。
人民に今ひとたび太古の時代のように縄を結んで約束のしるしとさせ、己れの食物を美味いとし、その衣服を立派だとし、その住居におちつかせ、その習俗を楽しませるようにする。
かくて隣の国は向うに眺められ、鶏や犬の鳴き声は聞こえてくるほどに近くても、人民は年老いて死ぬまで他国に往き来することがない。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第八十章獨立]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.