老子現代現場訳

【老子 第81章(最終章)】信言不美~真理は世俗の常識とは逆のところにある

更新日:

信言は美ならず、美言は信ならず

争わざるの徳をたたえて、老子消極道徳の最後をまとめている。
すべて弁ずるもの、博しとする者などは、自己をあらわし、他と争うものである。
[諸橋轍次]

信言不美~結びのことば
真理は世俗の常識とは真逆のところにある。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
信言不美。美言不信。
善者不辯。辯者不善。
知者不博。博者不知。
聖人不積。
既以爲人。己愈有。
既以與人。己愈多。
天之道。利而不害。
聖人之道。爲而不爭。
-------------------------------------------------
信言(しんげん)は美ならず、美言(びげん)は信ならず。
善なる者は弁(べん)ぜず、弁ずる者は善ならず。
知る者は博(ひろ)からず、博き者は知らず。
聖人は積まず。
既(ことごと)く以(も)って人の為にして己(おのれ)愈々(いよいよ)有し、既く以って人に与えて己愈々多し。
天の道は利して而(しか)して害せず、聖人の道は為(な)して而して争わず。
-------------------------------------------------
真実味のある言葉は美しくなく、
美しい言葉には真実味がない。
本当に立派な人間は口が達者でなく、
口の達者な人間は本物でない。
本当の知者は物識りではなく、
物識りは本当には分かっていない。
なにもかも他人のために出してしまうが、
己れの所有はいよいよ増し、
なにもかも他人に与えて、
己れはいよいよ豊かである。
天の道は万物に恵を与えて害を加えず、
聖人の道は事を行なって人と争わない。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第八十一章顯質]
-------------------------------------------------

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-老子現代現場訳

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2019 All Rights Reserved.