https://aokikenji.com

第01章-道の道とす可きは
第02章-天下皆美の美為るを知れば
第03章-賢を尚ざれば
第04章-道は冲にして
第05章-天地は不仁なり
第06章-谷神は死せず
第07章-天は長く地は久し
第08章-上善は水の若し
第09章-持して之を盈たす
第10章-営魄に載つ
第11章-三十輻一轂を共にす
第12章-五色は人の目を
第13章-寵辱驚くが若し
第14章-之を視れども見えず
第15章-古の善く士たる者は
第16章-虚を致すこと極まれば
第17章-太上は下之有を知る
第18章-大道廃れて仁義有り
第19章-聖を絶ち智を棄つれば
第20章-学を絶てば憂い無し
第21章-孔徳の容
第22章-曲れば則ち全し
第23章-希言は自然なり
第24章-跂つ者は立たず
第25章-物有りて混成し
第26章-重は軽きの根為り
第27章-善行は轍迹無く
第28章-其の雄を知りて、其の雌を守れば
第29章-将に天下を取らんと欲し
第30章-道を以て人主を佐くる者は
第31章-其れ佳兵は不祥の器なり
第32章-道の常は名無し
第33章-人を知る者は智なり
第34章-大道は氾として
第35章-大象を執りて天下に往けば
第36章-将に之を歙めんと欲すれば
第37章-道の常は為すこと無くして
第38章-上徳は徳とせず
第39章-昔の一を得たるもの
第40章-反は道の動なり
第41章-上士は道を聞いては
第42章-道は一を生ず
第43章-天下の至柔は
第44章-名と身とは孰れか親しき
第45章-大成は欠くるが若く
第46章-天下に道有れば
第47章-戸を出でずして
第48章-学を為むるものは日に益し
第49章-聖人には常の心無し
第50章-生を出でて死に入る
第51章-道之を生じ
第52章-天下に始有り
第53章-我をして介然として
第54章-善く建つる者は抜けず
第55章-含徳の厚きは
第56章-知る者は言わず
第57章-正を以て国を治め
第58章-其の政悶悶たれば
第59章-人を治め天に事うるは
第60章-大国を治むるは
第61章-大国は下流なり
第62章-道は、万物の奥なり
第63章-無為を為し
第64章-其の安きは持し易し
第65章-古の善く道を為むる者は
第66章-江海の能く百谷の王為る
第67章-天下皆謂う
第68章-善く士為る者は
第69章-兵を用うるに言有り
第70章-吾が言は甚だ知り易く
第71章-知りて知らずとするは
第72章-民、威を畏れざれば
第73章-敢に勇なれば則ち殺し
第74章-民、死を畏れずんば
第75章-民の飢うるは
第76章-人の生まるるや柔弱なり
第77章-天の道は
第78章-天下の柔弱なるは
第79章-大怨を和すれば
第80章-小国寡民
第81章-信言は美ならず