運勢・手相人相・占い

手相・人相観・易 上級者心得

更新日:

■心に灯をともす手相人相の観方


……分かれば、10年20年やってる人より当たるの。
あとは、手出してごらんってこうやって顔見ると、ホントにいろんなことが分かる。
で、ひらめかないかないんです……
ひらめかなかったら、あんたは人の心に灯ぃつけない気なのかい?って。
どうしたら、その人に灯ぃつけられるか、じーっと考えてごらん?
そしたら必ず何言うかがわかるんだよ。
わかったかい?
これが道を開いてあげて、心を開く。で、ぽっと灯ぃつけてあげる。
道を開いたって、真っ暗闇じゃあ、歩けないんだよ。
ライト点けてやんなかったら歩けないの。
で、ライトを点けてあげるんだっていう、この愛の気持ちがあれば、間違いなく上手く行く。
オッケーですね?

で、あとは自分が幸せになって、どうしたら自分が幸せになれるか、そういうことをいっぱい知ってるの。
で、こういう時はこうやって考えなとか、こういう時はこうだよって、アドバイスしてあげるの。
もともと、手相・人相に悪いものはないの。
で、その事がわかってなきゃいけないの。
も~う一回、最後にひとつ言うけど、暗い人に「あんた暗いね」って言ったら、説教なんだよ?
説教は、されてきて暗くなっちゃったんだよ?
それを絶対やっちゃダメだよ。
この人暗くて、明るくなればいいのに、と思ったら「あんた明るい人だね」
と言ってあげるの。
手がこうやって震えてたら、少し勇気出さなきゃダメだよって言っちゃダメなの。
手が震えてる人みたら、「あんた勇気ある人だね」って。
見てごらん、あんた怖くて震えてんだろ、震えててもハイってこうやって手ぇ出す、あんたみたい人がどんな事でも乗り越えられる真の勇者なんだよ、私はそれが分かる人なんだよ、って言ってあげて、相手の心に灯がともるんだよ。
当てればいい、注意してやりゃいいんじゃないんだよ。
そんな事で心に灯がともると思ったら大間違い。
わかるかい?
なんて言ってあげたら灯がともるか?
その事だけわかれば、明日っから手相でもなんでも見れる。で、愛のある人間になる。
で、人の心にともってる灯を消しちゃう人間が、『悪魔の使い』なの。
闇に連れて行こうとするのが悪魔で、闇の人間に光を与えてやろうってのが『神の使い』
『神の使い』ってのは、相手の心にどうやって灯をともすか、それにかかってるの。
だから、手相を見ながら悪魔の手伝いをしてるやつは、いっぱいいるんだよ?
で、そういうやつは必ず、このまま行くと死んじゃうよだとか、さんざん脅かして、壷売ったりなんかするの。
わかるかい?
人が心配するようなことを、言っちゃダメなんだよ。
今のまんまで、灯をつけてあげる。それが『神の使い』
で、『神の使い』で仕事をしてると、身体の調子がどんどん良くなって来る。
人のを治してやったから自分が具合が悪くなるっちゅうのは、人にいい事して具合が悪くなるなんてこと、無いんだよ?
これ基本だから、しっかり覚えて下さいね。
はい、以上です。
……
あと、追伸です。
俗に言うですね、中指に向かってまっすぐ伸びてる『出世線』つうのがあります。
それでですね、あとは小指のほうに伸びてる『人気線』つうのがあります。
で、これが出てたらどういうことですか?っていうと、出世する要素がある。
わかりますか?
それから『人気線』が出てると、人気が出る要素があるということです。
出てたから、出世するということじゃないんです。だから、あ、要素があっていいね。
ちなみにいいますと、大社長である私は、出ておりません。
出てないから、手相だけ見れば、出世はしないんです。
わかりますか?
ところが、心に灯がともって、行く場所がハッキリしてればいいんです。
なぜかっていうと、素質がなくたって、出世した人の事っての考えた時、人の嫌がることしないとか、ちゃんとする、お金貯めるとかちゃーんとしたことをしてれば、どんな人でも出世は出来るんです。
だから、灯がともってれば大丈夫なんです。
わかりますか?
だから、素材を持ってても使わないで死んでっちゃう人もいれば、素材が無くても、学ぶ人もいるんです。
わかりますよね?
だから、先ず灯をともしてあげるんです。
灯をともしてあげて、二回目来て、こいうふうにすっといいよ、三回目来たら、こういうふうにするといいよ、と。
それをやってるうちに相手が成長するんです。
それと、手相・人相、特に私のやつをやるとすごくいいのは、相手に灯をともしてあげよう、人を誉めた時、自分の心に灯がつくんです。
それから次来たとき、こういう考えしな、こういう考えしな、教えてあげるためには、自分が必ず成長するもんなんです。
だから、神様事というのは、相手に与えたものは、必ず返ってくるんです、与えっぱなしっていうのは無いんです。
ヤな事を与えりゃ、ヤなことが返って来るんです。
だけど、いい事を与えたら、自分にはいい事がいっぱい返ってくるんです。
だから、自分の相なんて、どんな悪くたって構わないんです。
ホントに早死にの人でも、相手が喜ぶことずっとやってっと、生命線がどんなに短くても、長生きしちゃうんです。
これはもう、実例で出てるんです。
生き方なんです。
心に光を持つ、そいで、この光を分け与えるようになってくると、奇跡はどんどん起きるんです。
だから、ホントに悪い相なんかないんです。
オッケーですか?
はい、宜しくお願いします。
……
もう一つ質問が出ました。
手相でですね、升掛(マスカケ)って線があるんです。
どういうことですか?っていうと、感情線と知能線が一緒になってるんです。
一本の線が足りないんです。
こういう人はどういうんですか?っていうと、悪くはないんです。
特にこういう人は、一芸に秀でた人が多いんです。
頑張りやさんなんです。
頑張りやさんで、一芸に秀でているから、それはそれでいいんです。
ただ、物事ってのは、悪いほうに回っちゃった時、その人の運勢が悪くなりますよね?
で、一芸に秀でてるんですけど、頑張りやさんがチョッと行き過ぎちゃうと、頑固になっちゃうんです。
だから、頑固にならずに、自分のことチョッと柔らかくして、努力家で頑張るのはいいんです。
頑張ると頑固って、微差なんですけど、そこに違いが出るんです。
だから、あーあなたスゴイ頑張りやさんですね、って認めてあげてください。
認めてあげれば、その人ってのは頑固にならないんです。
頑固って、不思議なんですけれど、人に認めていただけないで心に灯がついてないと頑固になっちゃうんです。
ポッと灯がつくと、ホントにいい人なんです。
だから、灯をつける前と灯をつけた後では、人は変わるんです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-運勢・手相人相・占い

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2022 All Rights Reserved.