商売・仕事に関するお話

【斎藤一人さん】約束の地

更新日:

はい、おはようございます。
今から、簡単な、仕事の話をします。
前にも話してるんですけどね、仕事って、私の向いてる仕事って何でしょう?とか、天職ってなんでしょう?っていうんだけど、それはあなたが仕事を選ぶと思ってるから云えることで、本当は仕事の方に呼ばれるんです。
で、そこであなたは何をするか。
だから、鍛冶屋さんなら鍛冶屋さんの使命がある。
八百屋さんなら八百屋さん、お百姓さんならお百姓さんの使命があるんだよ?
自分はお百姓だから、いい野菜作るんだとかね、八百屋さんだったら、お肉ばっかり食べ過ぎてるといけないから、野菜を作って健康になって欲しいんだと。
本来は使命感がある。
で、使命感があればこそ、今度、こういうお料理いかがですか?とか、どんな風にして食べさせたいとかっていうね、使命感があるんだよっていうことなの。
だから、その人間というのは、使命を持たなきゃいけないよ、っていうことなの。
それで、今、これからやる、塾やなんかで大っきい声出したりとかね、使命がわかるように、これはうちのものを使ってもらいます。
で、うちのものを使っていってもらうんだけど、最終的に、自分のところの使命が、もてるようにして、自分で語れるようにして下さい。
それは、噴きあがるように言えるようになるから、それはもう、何の心配もないからね。
それで、自分が一生懸命、使命を語れるようになってくる。
それで、自分がこの仕事をし、こういう風な目的を持って歩くんだ、って言って、歩いてった先。
それが神様と約束してた場所、それを『約束の地』
で、この『約束の地』に向かって歩いてるだけで、人は元気で、ものすごく明るくなっちゃう。
幸せになっちゃうのね。
きっとここで、みんながね、いろんなことやると思うの。
やる前と後では、顔が違うの。
それが、『約束の地』に向かいだした人の顔なの。
それで、『約束の地』の方に、向かわしてあげる。
そして、一緒に歩き出せるようにしてあげることを、指導者っていうの。
だから、リーダーとはなんですか?っていったら、リーダーとは、ちゃんとした、神様と決めた『約束の場所』に行けるようにすることなんだよ?
っていうことですから、そのつもりで、今からやることやってください。
そして、『約束の地』に向いただけで人は、顔が違うんだと。
一歩でも歩きだしたときに、違うんだよ、っていうことです。
以上です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-商売・仕事に関するお話

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.