「 kendiの記事 」 一覧

【無能唱元・伝法講義録 014】スプーン曲げは何の役に立つのか

2021/09/14   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 014】スプーン曲げは何の役に立つのか 何の役に立つか? 念力でスプーンが曲がった、という話を聞いた時、ある女性が、「スプーンが曲がったからってそれが何の役に立つのかしら? と ...

【無能唱元・伝法講義録 013】一喜一憂における天地人の位

2021/09/13   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 013】一喜一憂における天地人の位 日常的心構えのあり方 古語に曰く「一喜一憂することなかれ」という言葉があります。これは、日常的な心のあり方、その心構えを示したもので、要する ...

【無能唱元・伝法講義録 012】基本呼吸法四つの型

2021/09/12   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 012】基本呼吸法四つの型 正呼吸と逆呼吸 円成会では、意識呼吸すなわち「呼吸術」というものを非常に重要視します。なぜなら、この呼吸というものは、日常の健康保持に欠くべからざる ...

【無能唱元・伝法講義録 011】遺伝子と霊力の関係

2021/09/11   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 011】遺伝子と霊力の関係 生命がそこに宿った時 最初、それらの化合物は、単に塵粒の寄せ集めに過ぎませんでした。 しかし、そこに生命の息吹きが吹き込まれた瞬間、その塵粒のまわり ...

【無能唱元・伝法講義録 010】細胞の共生作用

2021/09/10   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 010】細胞の共生作用 細胞の中には、その中に核を持つものと、持たないものとがあります。 普通、動植物の細胞は、独自の保護被膜に囲まれた遺伝子の核をもっていて、これは「真核細胞 ...

【無能唱元・伝法講義録 009】個我と普遍意識・自己重要感と群居衝動

2021/09/09   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 009】個我と普遍意識・自己重要感と群居衝動 霊の永遠の旅 ワトソンのいうところによれば、自己同一性とは、脊椎動物に見られる、ほぼ固有の現象であるとのことです。 とすれば、自己 ...

カレン・キングストン 元ファイザー職員の告発! 酸化グラフェンによる人体実験【文字起こし】

2021/09/05   -真実の考察

カレン・キングストン 元ファイザー職員の告発! 酸化グラフェンの恐怖 文字起こし スチュー・ピーターズ: 今回登場してもらうのはカレン・キングストン(Karen Kingston)さんです。 彼女はフ ...

【無能唱元・伝法講義録 008】アイデンティティ(identity)

2021/09/04   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 008】アイデンティティ(identity) アイデンティティ感への欲求 それは慈善団体、ロータリー・クラブ、PTAなど特定グループへの献身によって、あるいは特殊な職業への専念 ...

【無能唱元・伝法講義録 007】外的な構造と群居衝動の関係

2021/08/23   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 007】外的な構造と群居衝動の関係 外的構造 私たち人間の本能的衝動に「群居衝動」といって、他に人間たちと群居していたいという基本的欲求があります。そして、これがあるために孤独 ...

【無能唱元・伝法講義録 006】神秘学徒と宗教的信者の違い

2021/08/22   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 006】神秘学徒と宗教的信者の違い 神秘学徒とは まず最初に明確にしておきたいのは、神秘学徒と、宗教における信仰者との違いについてです。厳密にいえば、信仰を有している神秘学者も ...

【無能唱元・伝法講義録 005】観自在とは

2021/08/21   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 005】観自在とは 第三の変容 今回の講義のテーマは、「人間の変容の可能性とその限界」についてです。 自己啓発とか、自己性格改造とかいう言葉が喧しくいわれるようになって久しいの ...

【無能唱元・伝法講義録 004】マイナス情報に接した時

2021/08/20   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 004】マイナス情報に接した時 人の心を暗くする話題を、「マイナス情報」と呼んでおります。 このようなマイナス情報を、人からもたらされた時、それに対し、どのように対処すべきなの ...

【無能唱元・伝法講義録 003】無目的という目的

2021/08/19   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 003】無目的という目的 目標が見当たらないとき ある人々は言います。 「人生における目標設定が大切なことはよく解る。しかし、自分には、自分が何をやりたいのか、さっぱり解らない ...

【無能唱元・伝法講義録 002】今、そしてここに生きる

2021/08/18   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 002】今、そしてここに生きる NOW&HERE ゲシュタルト療法という心理学では、人間が基本的な幸福を得るための条件として、「ナウ アンド ヒア」(今そしてここに)に意識を集 ...

【無能唱元・伝法講義録 001】目的は手段である

2021/08/17   -無能唱元
 

【無能唱元・伝法講義録 001】目的は手段である 人生の目的 S子さんはとても小柄で、ほっそりとした優しい感じの女性ですが、彼女の当面の目的は、あおむけに寝た自分の腹の上を、自動車に轢かせるということ ...

【老子 第81章(最終章)】信言不美~真理は世俗の常識とは逆のところにある

2021/08/17   -老子現代現場訳

信言は美ならず、美言は信ならず 争わざるの徳をたたえて、老子消極道徳の最後をまとめている。 すべて弁ずるもの、博しとする者などは、自己をあらわし、他と争うものである。 [諸橋轍次] 信言不美~結びのこ ...

【老子 第80章】小国寡民~理想郷は自分の心の中だけにある

2021/08/17   -老子現代現場訳

小国寡民(しょうこくかみん) 老子の理想郷 ------------------------------------------------- 【参考文献:白文/書下文/訳】 ------------ ...

【老子 第79章】和大怨~人に怨まれない生き方

2021/08/17   -老子現代現場訳

大怨を和すれば必ず余怨有り 安んぞ以って善と為すべけんや 是を以って聖人は左契を執りて、而も人を責めず 怨みというものはやっかいなもので、怨まれるときは何をやっても怨まれ、何もしなくても怨まれる。 あ ...

【老子 第78章】天下莫柔弱於水~あほになるより、あほであれ

2021/08/17   -老子現代現場訳

天下に水より柔弱なるは莫し 柔弱の徳 水を例に引いて来て、前半において柔弱の徳を述べ、後半において、柔弱というよりむしろ消極主義を説き、最後にかくの如き考えの誤りならざることを附言している。 [諸橋轍 ...

【老子 第77章】天之道~埋め戻しの法則

2021/08/16   -老子現代現場訳

天の道はそれ猶お弓を張るがごときか 謙徳について述べたものである。謙には二つの意味がある。 有余(ゆうよ)を損じて不足を補うのがその一面であり、自己の賢知をあらわさぬことが、他の一面である。 [諸橋轍 ...

Copyright© 青樹謙慈|アオキケンヂ , 2021 All Rights Reserved.