「無能唱元」 一覧

【無能唱元・伝法講義録 020】縁起の三位一体性

2022/05/09   -無能唱元

縁起の三位一体性 ここで、このアラヤ識を、もう一歩突っこんで、人間の生命現象を探究してみたく思います。 アラヤに新しい因を刻みつけるためには、「思考と感情」の二つをもって「念」を生じさせ、その念がアラ ...

【無能唱元・伝法講義録 019】霊の複合体

2022/05/09   -無能唱元

霊の複合体 ここで、もう一度、テ—マを「自己同一性」(アイデンティティ)の問題へ戻ってみたく思います。 人間の肉体は一説によれば、約六十兆の細胞で成り立っているといわれております。そして、神秘学的な立 ...

【無能唱元・伝法講義録 018】意識は静かなる観察者たり得ず、他の現象への関与者たらざるを得ない

2022/05/09   -無能唱元

意識は他に関与する このようにして、見る人と見られる人についての考察を私たちは行なってきたのですが、ここで、一つの結論として、申し上げておきたいことがあります。 それは、見る人、すなわち観察者は、客観 ...

【無能唱元・伝法講義録 017】オーラの色は画一的ではない

2022/05/09   -無能唱元

オーラの色彩性 通常、人体オーラの見える人も、それを見ているのは、この陰のグループまでであり、 それは①テルモ体と②エーテル体の層までなのです。 ところが、練達の士が見る時、そのオーラは更に大きく拡が ...

【無能唱元・伝法講義録 016】オーラの五層性

2022/05/09   -無能唱元

人体をとり巻くオーラの五層性 ①テルモ体【熱気体】 ②エーテル【磁気体】 ③アストラル体【霊体】 ④メンタル体【識体】 ⑤コーザル体【因体】 そしてこの五層は次のような二つのグループに分けられます。 ...

【無能唱元・伝法講義録 015】霊も物質である

2022/05/09   -無能唱元

霊も肉と同じように物質である 肉体的精神的と霊的精神 人間の二つの精神・意識というものについて、もう少し具体的な定義をしますと、 ①肉体的精神----遺伝子、個我意識、保守的、防衛的【陰】 ②霊的精神 ...

【無能唱元・伝法講義録 013】一喜一憂における天地人の位

2022/05/09   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 013】一喜一憂における天地人の位 日常的心構えのあり方 古語に曰く「一喜一憂することなかれ」という言葉があります。これは、日常的な心のあり方、その心構えを示したもので、要する ...

【無能唱元・伝法講義録 012】基本呼吸法四つの型

2022/05/09   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 012】基本呼吸法四つの型 正呼吸と逆呼吸 円成会では、意識呼吸すなわち「呼吸術」というものを非常に重要視します。なぜなら、この呼吸というものは、日常の健康保持に欠くべからざる ...

【無能唱元】自律と自立~他者依存は自らのエネルギーを失う

2022/01/06   -無能唱元

他者依存は自らのエネルギーを失う 無能唱元先生のお話より引用 朝日新聞の「天声人語」欄に、次のような興味ある記事が載っているのを、読んだことがあります。 かってフィンランドの保健当局が、栄養指導や健康 ...

【無能唱元・伝法講義録 011】遺伝子と霊力の関係

2021/09/11   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 011】遺伝子と霊力の関係 生命がそこに宿った時 最初、それらの化合物は、単に塵粒の寄せ集めに過ぎませんでした。 しかし、そこに生命の息吹きが吹き込まれた瞬間、その塵粒のまわり ...

【無能唱元・伝法講義録 010】細胞の共生作用

2021/09/10   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 010】細胞の共生作用 細胞の中には、その中に核を持つものと、持たないものとがあります。 普通、動植物の細胞は、独自の保護被膜に囲まれた遺伝子の核をもっていて、これは「真核細胞 ...

【無能唱元・伝法講義録 009】個我と普遍意識・自己重要感と群居衝動

2021/09/09   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 009】個我と普遍意識・自己重要感と群居衝動 霊の永遠の旅 ワトソンのいうところによれば、自己同一性とは、脊椎動物に見られる、ほぼ固有の現象であるとのことです。 とすれば、自己 ...

【無能唱元・伝法講義録 008】アイデンティティ(identity)

2021/09/04   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 008】アイデンティティ(identity) アイデンティティ感への欲求 それは慈善団体、ロータリー・クラブ、PTAなど特定グループへの献身によって、あるいは特殊な職業への専念 ...

【無能唱元・伝法講義録 007】外的な構造と群居衝動の関係

2021/08/23   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 007】外的な構造と群居衝動の関係 外的構造 私たち人間の本能的衝動に「群居衝動」といって、他に人間たちと群居していたいという基本的欲求があります。そして、これがあるために孤独 ...

【無能唱元・伝法講義録 006】神秘学徒と宗教的信者の違い

2021/08/22   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 006】神秘学徒と宗教的信者の違い 神秘学徒とは まず最初に明確にしておきたいのは、神秘学徒と、宗教における信仰者との違いについてです。厳密にいえば、信仰を有している神秘学者も ...

【無能唱元・伝法講義録 005】観自在とは

2021/08/21   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 005】観自在とは 第三の変容 今回の講義のテーマは、「人間の変容の可能性とその限界」についてです。 自己啓発とか、自己性格改造とかいう言葉が喧しくいわれるようになって久しいの ...

【無能唱元・伝法講義録 004】マイナス情報に接した時

2021/08/20   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 004】マイナス情報に接した時 人の心を暗くする話題を、「マイナス情報」と呼んでおります。 このようなマイナス情報を、人からもたらされた時、それに対し、どのように対処すべきなの ...

【無能唱元・伝法講義録 003】無目的という目的

2021/08/19   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 003】無目的という目的 目標が見当たらないとき ある人々は言います。 「人生における目標設定が大切なことはよく解る。しかし、自分には、自分が何をやりたいのか、さっぱり解らない ...

【無能唱元・伝法講義録 002】今、そしてここに生きる

2021/08/18   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 002】今、そしてここに生きる NOW&HERE ゲシュタルト療法という心理学では、人間が基本的な幸福を得るための条件として、「ナウ アンド ヒア」(今そしてここに)に意識を集 ...

【無能唱元・伝法講義録 001】目的は手段である

2021/08/17   -無能唱元

【無能唱元・伝法講義録 001】目的は手段である 人生の目的 S子さんはとても小柄で、ほっそりとした優しい感じの女性ですが、彼女の当面の目的は、あおむけに寝た自分の腹の上を、自動車に轢かせるということ ...

Copyright© 青樹謙慈 , 2022 All Rights Reserved.